So-net無料ブログ作成
学習用掲示物 ブログトップ
前の5件 | -

算数の掲示物づくり<面積の公式> [学習用掲示物]

算数の学習用掲示物を作っている。

たいていは、学習が終わった後のまとめ用に。

そして、常に掲示しておいて必要なときにこれを見て思い出せるように。

DSC03633.jpg

正方形、長方形は楽勝だが、それ以外は忘れることが多い。

「半径を使うのは円の面積?円周?」
「平行四辺形の面積って?」

そんなときのための掲示物。


一時期は円周率を3で計算させていたようだが、

今はしっかり3.14だ。

 

 


nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

算数の掲示物づくり<割合> [学習用掲示物]

高学年算数の学習で、児童が苦手とするものの中に割合は含まれる

と、思う。いや、ぜったい。 


そこで、こんな掲示物を作ってみた。
image01.jpg
これがあれば、立式は簡単。

使い方は下の通り。

まず、速さを例にとってみましょう。

速さは、赤い字のところで見ます。

12km(道のり)を時速4km(速さ)で歩きます。時間は何時間かかりますか。

image02.jpg


時間を調べたいので、時間をかくします。

すると、「道のり÷速さ」という式が見えてきますね?

12÷4=3  答え 3時間
image03.jpg

速さを求めたければ

「道のり÷時間」です。
image04.jpg

道のりを求めるときは

「速さ×時間」ですね。

なぜこれをわりあいミッフィーと呼んでいるかというと、

ミッフィーの顔に似ているからです。

下のようなものも、授業の進度によって使います。 
DSC03631.jpg

すばらしそうに見えて、じつはこれは大きな落とし穴がある。



……

問題の中の、どれが「くらべられる量」で
どれが「もとにする量」なのか、
判断するのが結構むずかしいのであった…

ここで子どもたちはつまづくんだよなぁ…

nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

算数の掲示物づくり<割り算の筆算> [学習用掲示物]

4年生がつまずくところ。

「わり算の筆算」です。
 
warizannno.jpg

たて・かけ・ひく・お までは、みんな楽勝なんですが、

0の処理に間違いが多いです。

あと、大変なのは商の立て方。

わり算の筆算.jpg

仮の商を立てるのって面倒くさいんですよね。

でもあてずっぽうだともっと時間がかかりますし。

慣れてくれば勘で商が立てられるようになるから

それまでの辛抱ですよ。

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

いろいろな四角形 [学習用掲示物]

DSC03681.jpg

4年生はいろいろな四角形について学習する。

形には定義というものがあり、

その定義の通りに図をかくと必ずこうなる、というのが性質である。

この、定義と性質というものがごっちゃになる。

たとえば、長方形の定義はご存じだろうか。なんと

「4つの角がすべて直角の四角形」

である。「うそー!」といいたくなりますよね。なりませんか。

”向かい合った辺の長さが同じ”だと思っていませんか?

わたしは思っていました。

ひし形の定義も意外ですよね。

「4つの辺の長さがみな等しい。」だなんて。

それって、正方形の定義だと思っていました。


nice!(8)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

倍数と約数 [学習用掲示物]

DSC04526.jpg
今年の四月に作ったものです。

倍数と約数は混同してしまうことがあるので。

倍数の後に約数を学習しますが

一つずつなら何でもないのに、二つ揃うともう混乱。

だからいつでも確認できるように

掲示物にしておくのです。


nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
前の5件 | - 学習用掲示物 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。